-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-08-25 00:00 | カテゴリ:妊活 京都A

え~~~~っと

お休み周期にすると自分の中では決めていたものの、Dr.にはまだ伝えていなかったので、一応D10の検診


卵ちゃん → 左に1個 15mm 右はないのかなぁ?

内膜 → 計測せず


何で測ってくれないのだ? 測るまでもなくぺらぺらな模様 ガーン


診察室にて、、、Dr.

「どないする?もっかい来て採卵日決める?・・・・移植だけにする?・・・・」


まるで私の心を見透かしているよう、、、、

1個だけの移植だと心もとないんですよね?


「そうやなぁ」


じゃ~~自然周期で採卵して又、空胞とかダメージ卵とかだと怖いので来月に刺激で採卵ということでは?


「ええよ、そないしよ」


と、あっさり。

もともとDr.はそのつもりでしたからね。


「じゃ、排卵終わったら来て。スケジュール決めよ」


D10で15mmはちょっとスローペース。もともと私の卵ちゃんはスローペースなのでもしかしたら優秀な卵ちゃんなのかもしれないなぁ?  などと変な未練も残りますが、やっぱ来月に賭ける。 来月頑張る。


と、来月刺激することに決定しましたが、、、、

予定では来月の中旬あたりにお注射開始。


そして、何と税理士さんから連絡あり、来月の16日に税務署が監査に入るって。。。やばいよ。診察日に重なるかもしれない、、、、、、

「一ヶ月ずらそうか?」 って夫にメールしたら


「アホな、、、病院の方が大切やねんから、仕事休み、、税務署なんかどうでもいい」


って。。。

ほんまかいな、、大丈夫かいな、、、



今月、このままスローペースに卵ちゃんが成長することを祈る・・・




スポンサーサイト
2008-08-07 00:00 | カテゴリ:妊活 京都A

漢方さんのサロンで2回目の中医学勉強会がありました。

講師は 中国のお姉さん、、、、今回年齢もわかりました。文革が12歳のときに始まったって言うてたので、、、、、私より10個くらい上かな?


今回は夏に治療することについて、、、、そして、それぞれの体質の人がどういう食材を使い、食事すればいいか、、私は陰虚なんで長いも、鶏肉、もち米、豆腐、、、などです。

既に実践してるつもりなんですけど(笑)


そして、、、

「ニラ玉の焼まんじゅう」のレシピを教えてくださいました。。

てか、いきなり作り出したのでビックリ


薬膳料理教室と化してきたようです。


個別相談の時間待ちの間にみんなでワイワイ言いながら焼まんじゅうを焼いて食べて、、



料理教室や



個別相談のとき、、、、、

今月、採卵すべきか悩んでる旨、お話しました。

もちろん、返ってくる答えは最初からわかってます。東洋医学系の人は絶対に「卵巣を休憩させるべき」って言いますから。。。

漢方医さんは 「momoさんまだ若いんだから、思い切って一年休むべきよ」

中医さんは 「3ヶ月ほど休めば?」

鍼灸医さんは 「早く卒業させたあげたいのんヤマヤマやからね、、、せめて今月だけでも休めば?」


鍼灸の先生が一番、治療状況見てますからね~~(カルテも見てるし、ほぼ毎週お話してるし)なので、一番現実的なお答えです。


暑いし、、、、ちょっと考えるわ。休憩も含めて。


実は、、、私、どうもクロミッドがあわなかったみたいで、クロミッドを使った周期(5月)から高温期にすごい湿疹が出るのです。ずっと、、内膜も薄いまんまだし。。。鍼灸の先生に対応してもらってたけども、、、今回中医の先生に相談したところ

「そのうち、治るわよ(漢方飲んでたら)」 とあっさり


この湿疹が治まるまで、ちょっとお休みしようかと思ってます。

そんな私の気持ちを知らずに夫は相変わらず 「いけいけ、どんどん」 やる気満々です。何とか彼の気持ちを静めなければ。。。。。



今、高温期に服用してます漢方


補血丸 血を補うんですよね

紅サージ ビタミンE ??

冠元 


基本的に内膜をふかふかにって処方です、、、、ね





2008-08-04 00:00 | カテゴリ:妊活 京都A

ショックな受精確認の電話の翌日、、、採卵後の卵巣チェックのために病院へ、、、、

センター長が翌日からいないので、めっちゃ待つ覚悟で行ったけど、そうでもなかったわ・・

そして、久しぶりに夫も一緒に。


「センター長さん、、、、火曜日の夜中はお産だったんですか??」


「おおお、あの日ね~~いてはったね~~あの夜は5人やったなぁ」


一晩で5人のお産、、、、繁盛してますな~~


で、

D16診察

内膜 9mm


今後どうするか、、、、3分くらいセンター長は私のカルテを端から端まで見て。。。。。


「注射しよ。せっかく卵がいっぱいできる卵巣なんやし、、、クロミッドや自然やったら効率悪いわ。

来月やろ」


え???じゃ~~今、残ってるのんは?(凍結卵)



「そうやなぁぁっぁあ。。。。。。。

   (沈黙、、考)

来月はそれを戻そ、ほんであかんかったら9月か10月に刺激して採卵や」



と、なりました。

9月か10月、、、、

去年の9月に採卵して10月にお迎えした卵ちゃんが妊娠したんですよね~~

早くも1年!!!


前回お迎えしてからもそろそろ半年。

やっぱ、、、、効率は悪いですよね、、採卵できないとお迎えできないんだから。

でもなぁぁ身体には自然の方が優しいのよね。。。。それでも、前に進まなかったら一緒か~~

なんて、ずっと悩んでたので、センター長に言いきってもらってちょっとスッキリ


8月は採卵挑戦して、だめだったら凍結卵だけを戻すことに決定。



センター長の気が変わらなかったらね(笑)



と、、、いろいろなやり取りの間、夫は無言でした。(当たり前か、、、、)


診察が終わってから


「そや、そや、そや、そや、、、、、ってあれ先生の口癖?」 


そうだよん、、、それから他の先生の口癖も教えてあげました。


去年と同じ時期にまた、採卵するね~~って言ったら

「その季節がホルモンバランスええんかもしれんな」


と。。。


とにかく、夫はセンター長に100%信頼をおいてるし、、、私の卵巣年齢が35~6だって言われたことをいまだに続いてると思っているので、めっちゃ乗り気です。


でもね~~~1回に卵が10個以上できるってことは1年分の卵ちゃんを使うってことで、すでに5回刺激してるから、もう5年分は使ってるってことで、、卵巣年齢も今では年相応かもよ。。。





2008-08-01 00:00 | カテゴリ:妊活 京都A

昨日 D14にて採卵でした。

内診にて、、卵胞チェック、、、センター長でした。そういえば火曜日の夜中にHCG打ちに病院へ行ったらオペ着を着たセンター長と遭遇した。


センター長も赤ちゃん取り上げるんだ~~~~(当たり前だけど)


不妊治療センターが独立すると聞いてます。そうなったら彼はもう一生、赤ちゃんを取り上げることはないんだなぁ、、、まぁ、妊婦さんには興味ないみたいだし(笑)



そして、、、採卵。

今回は副院長でした。これで、この病院の7名の先生方み~~~んなに採卵してもらいました 


制覇



あ、院長以外ね。



1個の卵ちゃんだったし、一瞬で終了!

「え、、もう終わったの?」 とつぶやいてました。

しかし、その瞬間から麻酔が効いてきて、、、、副院長が


「子宮の状態が悪いから今回は凍結ね」 っておっしゃった時点ではもう、自分でなんて答えてるのかわけわからず・・・・


どうやら、内膜が6.6mmしかなく、お迎えは見送りらしい。 D12日前に8.4mmやったのに、何で薄くなる?



そして本日、受精確認のために培養室へ電話



「momoさん~~卵ちゃんね~~変性卵だったの、だから顕微もしてないの、とりあえず卵巣の様子見るために診察にきてね」



変性卵





あ~~~~~~

またしても加齢による現実を突きつけられました。


ホルモン値は正常なのに、、、なのに変性卵




ワタシャ



どうすりゃ、いいんだろうか?




もう5ヶ月もお迎えしてないよ、、こうやってずんずん歳とるのに、、、、

なんて、長期戦だって決心したのにね~~





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。