-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-10-29 00:00 | カテゴリ:妊活 京都A

今日はドキドキの判定日で病院へ。。。。


もちろん、フライング判定は恐ろしくてしてません。


判定経験も4回目(IVFを入れると5回目)ともなると、、なれたもんですが、、何故か今回はドキドキ。内診台に上った時、心臓の鼓動が聞こえてました。。。


どうしたんだmomo!!らしくないぞ!!


今回、お薬を軽くしたといわれたものの、昨日からお腹がしくしくと痛く、、、、内診の時もDr.に「昨日からお腹痛いんです~~」と訴えたほど。


訴えてもDr.は「うん」    だけ。

それだけかよ~~~内診を始めてDr.の第一声


「momoさん、妊娠してるな~~」


え???聞き間違い???思わず「本間ですか~~~?」という、反応をしてしまいました。


「うん、内膜も厚いし、、、、(16.5mmでした) 多分尿検査でも反応出てるんちゃうか?」


って、、、おいおい、内診する前に尿検査の結果見てないの?

今の時点で内診でわかるの?胎嚢ってまだ確認できる時期じゃないよね~~


狐につままれた感覚のまま、診察室へ。


「うん、、、尿反応も出てるし、妊娠してるで。100%妊娠してるわ」


100%????

確かに尿反応はありました



071015


前回と比べると全然違います、はっきりくっきり反応出てます。でも、でも、でも、妊娠の判定は胎嚢が見えてからですよね。。。今は4週目ですよ、4週目でも胎嚢って見えるのかなぁ?


などと、今では疑問ですが、その場では何が何やらわからなくて聞けなかった。


「え~~~、でも前回みたいにやっぱりだめでした、とか生理になったりしないんですか?」


と聞くと


「100%妊娠してる。生理には絶対なれへん。前回は微妙やったし、着床してなかったんや。まぁ、念のためにアスピリン出しとくわ、ここまで来て流産したら痛いからな」


はい、ほんま、、、痛いです。

来週、もっかい来てショック受けることないですか?


「来週?絶対ない」


って、、、、何でこのセンター長はこんなに自信満々なんだ、、、、


「素直に喜んだらええねんで、、大丈夫、、、よかったな、、おめでとう」とも言ってくれました。


その後、友人と(ここの病院で治療して妊娠して出産した)喋ってたんだけど

「センター長は、、わからん時はわからんってはっきり言うし、彼が100%妊娠してるって言うたんだったら、きっと本当よ」って言われました。

確かにそうですよね。。。。。。


てことは、やっぱ、私、妊娠したんだ。


夫に電話で報告しましたが、夫も狐につままれた風。

その後、「もう、仕事はずっと休むこと、産休や産休」とわめいてました。んなアホな。


やっぱ、妊娠したのかなぁ????


バファリンもらってるから、妊娠したんだろうなぁ?

う~~~~~~んん。


長い間の治療の末、妊娠した人ってこんな感覚じゃないですか???



そうして、今日はその後プチオフ会。。。

「妊娠菌分けてあげるね」って分けてあげてきました。病院んの帰りはいつも一人でランチなので、お喋りしながらのランチはとっても楽しかったです、、、、

また、行きたいです。

スポンサーサイト
2007-10-22 00:00 | カテゴリ:妊活 京都A

お迎えしてから1週間目の今日は診察病院でした。


センター長の日、、、、お迎え決定してからフライングで予約したので、結構すんなりと早い時間帯も取れて、内診へ、、、、


内膜は13.5mm まぁまぁかな?


診察の時、Dr.も 「内膜も厚くなってるし、、、まだわからんけど今のところ、順調やな」 「来週、判定やからね」 と。   そうです、、、あと一週間ドキドキです。


今回、お迎え後の投与ホルモンの種類が変わったので何故かDr.に聞いてみました。

いままでは張り薬(エストラーナ)と座薬(病院で調合してるので中身は不明)でしたが、今回は飲み薬デュファストン)のみ。。。 実は今までみたいにお腹の張りを感じることがなく、、お迎えしたことをすっかり忘れてしまうときがあるくらいなので、ホルモン効いてるのかなぁ??内膜厚くなってるのかなぁ? と、と~~~っても不安だったのです。


内診の結果、内膜はまぁまぁでしたが、、、、


お薬を変えたわけは、、、「毎回、同じ薬でも意味ないしな。 ちょっと弱い薬にしたんや。 こっちの方がmomoさんにはあってるような気がしたし。。。薬を弱くしても内膜は順調やし、問題ないよ。」


要するに何回も撃沈してるし、試行錯誤なんですよね。


既にIVF、ICSI 5回目ですが、今回は採卵時もお迎え後も ホルモン投与は弱めってこと。

私って薬が効きすぎる体質なんでしょうかね?採卵時もホルモン弱めだったのに、OHSSになっちゃうし、、、いいのか、悪いのか、、


そうそう、内膜は前回までは素人判断ですが、厚すぎたような気がするんですよね、Dr,に今日、確認してみたところ、やっぱり内膜が厚すぎてもあまりよくないらしく、、、それもあって薬を弱くしたのかな?


今日のところは一安心、、、、で後一週間ドキドキしながらのんびり過ごすとしましょう。




と、、、病院を出て駅に向かう途中で何やら一軒のお店の前に人だかりが・・・・・和装小物の安売りをしてました。珍しいなぁとちょびっと覗いてアホほど買ってしまった。



07101


正絹のバック6800円

プチバック800円

帯揚げ1000円

帯締め 何と 200円(ただし中国産)

足袋 200円


正絹のバックは普段でも使えそう(ちょっと、、、普段使うにはおばちゃんっぽいかな?)


お買い物してご機嫌にお店を出ると、御池通りは見たこともないほどの人だかり、、、一体何なんだ~~~~

と、思いきや、今日は時代祭りなんですね。

実は時代祭りは見たことないのです。ちょっと観たかったのですが、、夫に確認したところ、御池を通るのは1時頃だとか。。。。1時間も待ってられないので、帰ってきちゃいました。


そうか、、、、和装小物のお店、、、人だかりだと思ったら観光客が多かったのですね。

「これ、京都記念に~~」とか言って買ってるおばさん達がいたもんな。



2007-10-15 00:00 | カテゴリ:妊活 京都A

午前中に、無事ダメージなく凍結胚を融解できたことを確認して午後から病院へ。。。。お迎えに行きました。


お迎えのために採卵室に入ると、、、何とビックリ。センター長の背中が見えました。実はIVF、ICSI後のお迎え、今回が4回目だけど、毎回第三のDr.でした。センター長の日は外来が終わるの遅いので病棟で暇してるDr.が担当するから、、、


今日は珍しく外来が1時半に終わったらしくて、本日のお迎えは全てセンター長がやはらるらしい。


「momoさん、卵の状態いいよ」 とセンター長。


今日、お迎えしたのはグレード1とグレード3の卵ちゃんでした。ちょっとは期待できるかな?

って、前回もグレード1だったよな~~~~~


終わってから培養士さんとお話してたのですが、培養室の私のカルテの卵ちゃんの写真の横に 「頑張れ」ってコメントしてあるのを、前回の採卵の時に見つけたのです。その日は麻酔でぼーーーっとしてたので何も感じなかったけど、家に戻って冷静に思い出すと、とっても嬉しかったのです。 「頑張れ」って声かけてくれてるんだなぁって。。。。。


その話をしてたんですけど、培養室での反省会の時に そういうコメントを書くことがあるんですって。

自分達では今回戻さないほうがいいと思って、それでも戻して上手く行かなかったときは 「ちゃんとDr.に提案しましょ」とか、、、まぁ、だめだった患者さんの時に反省してはるらしいです。


で、私みたく胚のグレードもよく、内膜の厚さも問題ない場合、後はトライしかないってことで(手の施しようがないともいえます) 「頑張れ」って気合い入れるんですって。


なるほど、そういうことだったのか。


今回は何故かいつもとお薬が違いますが、ホルモン補充のお薬を飲みながら2週間、、、、ドキドキの日々が始まります。。。。。ドキドキ


お薬といえば、、、、お迎えが決まってからサプリ飲んでます。マグネシウム、カルシウムの補充と葉酸の補充のために。アメリカでは結構メジャーで妊娠を希望する人は予定の1ヶ月2ヶ月前から飲んでるらしいです。

で、、、私もお迎えが決定してから飲むことにしました。



070823




2007-10-11 00:00 | カテゴリ:妊活 京都A

おととい、お迎え診察で病院

 

初めての、副院長の診察日です。どんな人だろう、、、ワクワク

11時の1番に予約とってたのですが、待合に入ってビックリ。センター長の日以上の混み具合。何じゃこりゃ~~~~~~~

いつもは受付を済ますと看護師さんが「今日は何日目ですか?」とかって問診あるのにそれもなく、延々とただひたすら待つのみ。

 

 

そして3時間後、突然診察室へ、、、
「いつ生理になりました?」と副院長に聞かれ、、、、それから内診へ。

 

なるほど、めっちゃ丁寧なんだ。他のDr.は看護師に任せる問診まで自分でやらはんだ。

内診でも丁寧に説明です。
「あ、、子宮が後屈してますね(初めて言われた)。ま、妊娠には関係ないですけど
関係なかったら言うな)これが、右の卵巣です。こっちが左ね。う~~~~ん。いつも排卵は遅めかな?排卵寸前って感じですね~~~」

などと、、、はっきり言ってセンター長の5倍は時間かけてます。

 

いいことだと、思うよ。丁寧に診察して丁寧に説明して、質問にもちゃんと答えて、、、でもね~~~待ちが長すぎるのもね。。。挙句の果てに

「明日、もう一度来てください。これが卵胞かどうか血液検査するからね」

げ、、、、こんなに待って、又明日?勘弁してよ~~~~~」

 

その後、看護師さんに採血してもらうときに

「暴れてもいい?」って聞いてしまいました。スタッフの間でもこの余りにも丁寧なのが問題になっているらしく、予約枠を減らす方向で動いているらしいです。

 


そして昨日、17日目にまたまた診察。予約はもちろん取れず当日枠で行ったのですが第三のDr.の日なので空いてました。1時間待ちで内診へ、、、尿検査後、、、夜にhcgを打って、月曜日のお迎えが決定。第三のDr.も丁寧に質問に答えてくれる人です。

 

胚盤胞移植をするべきかどうか質問してみました。

優しく答えてくれました、、、でも堂々巡り。 そうだった、結論を求める質問をしたらあかんのよ、この人には。。。。あんまり堂々巡りなんで

「じゃ、今回は普通に移植しましょ」 って言っちゃった(笑)

 


で、夜はhcgを打ちにまたまた病院へ。昨日はお通夜があったので、お通夜に行く前に行かないとなんなくて、夕方のスタッフルームがごった返してるときに行ってしまいました。(おまけに産婦人科クリニックにふさわしくない喪服で)


日勤と夜勤の申し送りの最中で、こんなにスタッフいてるの? の腰抜かしました。

 

喪服を着てたので注射のために肩を出すことができずに

「ここで、背中出してもいいかな?」って聞くと他のお部屋を探しましょう。。。。って面倒臭がりもせずに注射のためだけにお部屋を探してくれました。

 

 

ウロウロしたのですが、適当なお部屋が見つからずに、とうとう、、、

 

 

「あ、、、ここが空いてる、ここでしましょ」

 

 

 

と入ったのは分娩室。

 

 

 

ひゃ~~~~~~分娩室に入るの初めて~~わ~~わ~~~わ~~~と何か一人ではしゃいでしまいました。一生、入ることないかも知れないし、写真撮っとけばよかった、、とちょっと後悔。

 

隣の分娩室ではお産の真っ最中でした。

 

リアルな緊張感を味わうことができました。

 

 

んでもって今回も脅威の卵巣回復力とおだてられながら22日目にお迎えです。

今回こそは上手く行って欲しいなぁ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。